BLOG

ブログ

BLOG

2021/07/23 11:58

いよいよ東京オリンピック2020の開会式ですね~!

(多分、僕は見ないけど・・・)


前代未聞のコロナ禍でのオリンピック開催ですが、

夏も本格化してきて猛暑が選手の体力を奪う気候にもなっています。


選手のみならず、普通に生活している私たちも

熱中症対策や夏バテ予防、そして収まらぬコロナ対策も

シッカリ行っていきたいところです。


そこで今日は、夏バテ予防に最適な『梅じそとサラダチキンの冷やし中華』を作ってみました。


まぁ作るといっても冷やし中華なので、トッピングを揃えるだけで誰でも簡単♪

説明するまでも無いと思いますが、一応、レシピも載せておきます。


【材料】

・中華麺 / 冷やし中華スープ  各1人前(ぐる麺亭choiceオリジナル冷やし中華使用)

・卵   1個 

・梅じそ  1個

・シノの葉  4枚

・サラダ用チキン  1枚

・きゅうり  1/3本

・ミニトマト  2個


【作り方】

・卵を塩・こしょうで味付けし少量の水(10cc)を加えて溶いて、フライパンで平たく焼き、細切りの錦糸玉子を作る

・ミニトマトは半切りに、きゅうりとシソの葉3枚を千切りにし、シソ1枚は飾り用とする

・サラダ用チキンは1/3程度を手でちぎり(食感の違いを出す為)、残りは細切りにしておく

・麺を茹でて、茹で上がったら冷水に晒して冷ましてから皿に盛る

・用意しておいたトッピングで飾り、冷やし中華スープを満遍なく掛ける



因みに使用したサラダ用チキンとシソ梅は、コレ!





普通にスーパー等で売っているモノで構いません(^^)

この組み合わせだと
★ 冷やし中華
★ 梅きゅう
★ 梅肉チキン
の3種が同時に楽しめます♪


▼ この時期最適! 梅とシソの効能がヤバい♪

梅とシソは初夏が旬の食材ですが、ちゃんと季節に合う様な栄養分が豊富に含まれています。


梅干し1粒にはレモン1個の2~3倍もの「クエン酸」が含まれています。

クエン酸には血液をサラサラにして血流を促して免疫力を高め、風邪やインフルエンザに掛かり難くしたり、

様々な胃の病気原因となるピロリ菌の活動を抑制する効果も知られています。

また体内エネルギー代謝を活性化させて、同時に疲労の原因となる「乳酸」を分解して体外に放出する為、疲労回復にも効果が有ります。


シソに含まれる成分の働きにも目を見張るものが有ります。

■免疫力 / ウィルス対抗力の補強

  ┗βカロテン: 体内でビタミンAとなり皮膚・粘膜を丈夫にし、ウィルスから守る働きが強化される

  ┗ビタミンC: 白血球の働きを助け、抗菌力・免疫力を増強させる

■ストレス解消

  ┗ビタミンC: ストレスによって消費されるビタミンCを補う

  ┗カルシウム: 精神を落ち着かせる効能から、ストレスを和らげる

■疲労回復力増強

  ┗ビタミンB1: 食事から摂取した糖質をエネルギーに変える

■貧血予防

  ┗ヘモグロビン: 貧血は赤血球に含まれるヘモグロビンの量が減少した際に起こります。

           シソにはヘモグロビンを体内で作る鉄分と鉄分吸収力を高めるビタミンCから、貧血予防に良いとされています。

■血液サラサラ効果

  ┗α-リノレン酸: 体内でEPA(必須脂肪酸)に変わり、悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪を減らす働き


更に鶏肉も凄かった!

 ・メチオニン: 肝機能を高めて、アレルギーを抑制する

         (うつ病予防・アンチエイジング・薄毛対策にも良いらしい)

 ・ナイアシン(ビタミンB3): シミ / ソバカス / 毛穴の黒ずみ等の改善効果

                (二日酔い予防)

        


▼ 梅じそチキン冷やし中華、真夏に最高ジャン!

単に味覚の追及だけで作って食べていましたが、実は夏に最高の食べ物でした(^^♪


暑さで食欲が減退した時にこそ『梅じそチキン冷やし中華』是非、召し上がってみてください(^^)



実はスープも飲めちゃう冷やし中華!

「冷やし中華も良いけれど、やっぱりスープが飲みたいんだよね~」

っという方も多いと思います。


でも、ぐる麺亭choiceの冷やし中華、

酸味がキツくなく、鰹風味な優しい円やかな味なので、スープまで飲めるんです(^^♪